学習ほぼゼロ

引き続き不調につき学習なし

学習効率の問題について短時間睡眠による弊害と仮定し生活リズム改善に取り組み始め就寝時間を4時間以上早め従来の倍も睡眠時間を延ばして10日ほどだが、逆に寝不足感・頭痛・足の冷え感・ストレスは増し意欲は低下している模様

しかし睡眠学会の研究でも、クロノタイプにもよらず6時間未満の睡眠(日本では当たり前化しているが)更にその常時化は脳の活動を含め「最悪」らしいので、数々の不調は「一時的な好転反応」と捉え(就労移行支援事業所の指導に従って)継続の方針

従って22時以降デジタルデバイス類は電源を切り、特に入浴後朝までの間スマホも見ないよう厳守すること。