学習範囲

Vim操作
https://qiita.com/jnchito/items/57ffda5712636a9a1e62

Rails(Ruby)
『現場で使えるRuby on Rails5 速習実践ガイド』

ポートフォリオほったらかし。

内観的なもの

特にこの2週間ほど?ホントに何やっても進まない
技術書に限らず、ただの読み物でも相変わらず見開き2ページ読むのに十数分~半時間
読書ができなかった(読み始めた途端の寝落ちか眠気出なくても200ページほど1冊読むのに1ヶ月以上かかるから諦めていた)頃と同じく、たぶん傍から見てると目開けたまま固まってるように見えるんだろうその停滞・石化現象の原因は何か?

恐らくは極度のマルチタスク・マルチスレッド性能低下、目の前の文章に集中できず常に頭の中に別の考え事が同時に走っている、最初は脳内クリアでも文章中のキーワード(名詞・動詞・形容詞等)をトリガーとして頻繁に別スレッドが走り出し、そちらが優先になり目前の活字が頭に入らなくなる、という仕組みで それを精神医学は発達障害とかAD/HDとか分類して名付けるのだろう

問題は「何故そうなってしまったのか」とか
「一体いつから?」といった疑問を明らかにすることではなく
「じゃあどうしたら改善できるのか」
或いはそのままでも問題なく明るく楽しく生きるには?

  • 観察は必要だがそれ自体を目的としない
  • 問題課題点の切り分け、パーツ化
  • それは本当に改善が必要な重要事項か?
  • 取り組む対策・訓練は単一かつシンプルに、同時進行しようとしない
  • 千里先の頂上を見上げ続けるのではなく、そこに至る為にまず足元の一歩目を固める

  • ポートフォリオ完成、言語学習よりもまず「一定時間・一定範囲集中できる」訓練が必要

  • 企業へのアプローチだとか過去の経歴の棚卸しだとかは「今やるべきこと」ではない。完全に捨てる・手放す。
  • 何も雇われるだけがエンジニアとして自立する道でもない
  • 目指すゴールを変えてもいいし、同じゴールを目指すにもルートは幾つもあるし、至るペースも人と比べることはない。
  • 課題が多いとしても人生の目的は「山積みの問題を解決すること」「人並み(標準化された)生き方に合わせること」ではない

SNSとかでのアウトプットにしても「戦略を練り、ターゲットを絞り、フォロワーを増やし、期待する反応を得、目標達成する」とか「他者から評価を得る為に頑張る・その努力の痕跡が見えるように記録を残す」という動機ではどうにも力が出ない(むしろそんな自分にイライラが募る)のがどうやら自分というものであるらしい

意識高い人たちの「こうでなければ」「できない筈はない、やらないだけ・言い訳」ルールを自分に適用することはない。
自分ではない何者かになろうとする必要もない。
何かを成し遂げる為に生きてるわけでもない。
「そうでなければならない」という声や信仰はその人たちの課題であって自分の課題ではない。
他人(大勢)の納得が得られなくても自分だけが納得できることの方が圧倒的に大事。

結論

やりたいようにやればいい。
ただしあれもこれも同時進行ではなくまずは1つに絞る。
そして実際やってみて「これホントはやりたくない」と感じることはやめていい。
誰に何言われようが知るか。言わせておけ。
ただ、記憶には留めておこう。